幕末の名刀工 栗原謙司信秀

この石碑は、信秀を記念して三条の八幡宮
境内に作られたもので昭和十年に地元商工
業者の寄付によって建立されました。

           信秀は文化十二年(西暦一八一五年)西蒲原郡月潟村に生まれ、
           父は栗林姓で、母は池氏の出身です。
           父が早世したため母は三男一女を連れて、三条市(当時は町)
           四の町土手の太物商今井氏に再婚します。
           信秀は長男で十三から十五才の頃、京都へ出奔したといわれ
           ますが、京都で何をしていたかは定かではありません。
        ただ、奥さんが有名な仏壇師の娘だったそうですし、その後、
      三十才を過ぎて当時四谷正宗の異名を取る江戸の名刀工清麿
           に弟子入りして、独立後の最初の嘉永五年の作品に自分で彫り
           をしていますので、京都では仏壇に関係のある彫り物の仕事
           である仏壇金具の彫り師だったのではないかと想像しています。

      そして、信秀は自作の刀身に自分で彫りをすることで有名に
           なります。(これを自身彫りと言います)
       戊辰戦争で官軍が勝利して明治維新政府が出来ると、官軍に
      参加して維新政府のために戦死した者の霊を祭るため、明治
      二年に招魂社という神社を建立します。
       そして、この神社の御神体の御鏡と御剣を信秀に造らせるのです。

        これは、時の政府が信秀こそ、お国の神社の御神体を造るに
       相応しい刀工であると認めたことだと思います。
       当時の日本の政府が信秀こそ日本一の刀工であると認めたこと
       ではないかと考える次第です。

        招魂社はその後、明治十二年に靖国神社と改名していますので、
       靖国神社の御神体が三条出身の信秀の作品なのです。
       これは信秀の出身地である三条市民にとっても誇りでもあり、
      名誉なことであると考える次第です。

       当時、これを河鍋暁斎が三枚続きの錦絵にしたものが沢村版から
      出版され新聞にも掲載されたといわれます。
       左の北越の産 栗原信秀をクリックすると錦絵がご覧頂けます。

       東京では、他にも天皇の拝刀を制作したり、数々の名誉ある
       仕事をこなして明治七年の夏、故郷の三条へ錦を飾ります。

        三条では、源川家の鉄鏡、新発田白勢家の剣、三条八幡宮の御鏡、
      越後一宮の弥彦神社御鏡、その他沢山の名品を製作し、弥彦参り
       の折りに眼鏡を紛失し、明治十二年の秋、東京に眼鏡を買いに
           行くと言って、近隣に特に別れの挨拶のないまま旅立ち、その
        まま帰ることなく明治十三年二月娘婿の家で癌でなくなります。
       享年六十六歳、墓は上野の忠綱寺にあります。

作品を見たい方

前のページへ戻る

ホームページ戻る